大量の自作紙面をデジタル教材化して、整理ができる『マジックビューア《試用版》』を一般公開
2018年10月25日(木)のお知らせ

様々な教育教材コンテンツを手掛ける株式会社タカヤコミュニケーションズ(所在地:大阪府中央区、代表取締役社長:高西信治)は、今までご要望があったクライアント様にのみご提供していた『マジック・ビューア(試用版)』を2018年10月25日より一般公開いたします。

【『マジック・ビューア(試用版)』について】
https://takaya-com.jp/magicviewer_trial/
※上記ページ内の”使ってみる”より、専用フォームにて[試用版]MagicViewerのURLとID&パスワードを取得してください。

■『MagicViewer(マジック・ビューア)』の概要
今まで作成した大量の紙資料やデジタル素材など、整理するのが難しい。どこにいったかわからない。そんなお悩みはありませんか?そんな悩みを解決し、デジタル教材のように使えるのが『MagicViewer(マジック・ビューア)』です。
弊社のマジックビューアは、PDFファイルをコンバータ機能に重ねるだけで、書き込み機能などが使えるデジタル教材としてお使いいただけます。
また、事前にカスタマイズすることで、アカウントごとにUIを変更することができる為、教育分野であれば、幼児・小学校向けに、ボタン類を大きく視覚的に分かりやすくでき、中学校・高校向けであればボタン数を増やし、機能性を高めることも可能です。また、企業研修では、役職や部署ごとに表示コンテンツを変更したりすることも可能です。
その他、アカウントごとに、本棚に表示する書類を切り替えることも可能です。

■『MagicViewer(マジック・ビューア)』の特長
弊社マジック・ビューアを起動すれば、本棚が開き、必要な書籍が表示されます。様々なフォルダに散らばったデータから探す必要もなく、関係ない書籍と混ざることもありません。
また、紙面上に起動ボタンを設置でき、画像のスライドショーや動画&音声再生、WEBとの連携など自由度の高いレイアウトのリッチコンテンツを組み込むことも可能です。

■『MagicViewer(マジック・ビューア)』の拡張性
弊社「学校書店」と組み合わせることで、自社オリジナルの販売や配布など出版システムを構築することが可能となります。販売インセンティブが発生しない、オリジナルプラットフォームを構築することで、独自性をアピールできます。
※「学校書店」の詳細に関しては、別途お問い合わせください。

“ご注意”
※同ソフトは、自作資料をデジタル教材化するためのソフトです。第三者が作成した著作を無断で転用・使用することは、法律により禁止されています。

《本件問い合せ先》
株式会社タカヤコミュニケーションズ デジタル事業部
担当者:穐西 正徳(あきにし まさのり)

 

ページトップへ移動