Gesture Device Control Programs
カラダを使った体感型学習方法のご提案

New Interaction Learning 新しいインタラクション学習

弊社の提案する新しい学習

弊社の提案する新しいインタラクション学習は、これまでのタブレット学習のように一人一台の端末で学習するのではなく、その場にいる全員が参加できる形で体感しながら楽しむことのできる学習です。そうすることで時には応援し合ったり、助け合ったり、対戦したりと、学習に対する挫折感を少しでもなくすことができるのではないかと考えています。
空いた時間で効率よく学習するeラーニングやマイクロラーニングとは違った新しい学習スタイルで、「ジェスチャー」を用いて体を動かしながら操作します。これは医療分野のリハビリなどでも応用でき、疲れて挫折してしまいそうになった時でも、トレーナーや他の患者に助けてもらったりと、一体感が生まれます。 新しいインタラクション学習の例

新しいインタラクション学習 新しいインタラクション学習 新しいインタラクション学習

Gesture Contents ジェスチャーコンテンツ事例

01

学習への応用

楽しく英語を学習するなら...

英単語のスペルを完成させよう

例えば「並び替え」機能を使って英語学習に活用。表示される絵に合わせてスペルを完成させましょう。スペルが合えば正解の文字が表示、音声でお知らせすることも可能です。

並べかえ
アルファベットを順番に押してみよう

「押す」機能を使えば、数字やアルファベットの順番を覚える学習に役立ちます。文字や数字をランダムに配列することで常に異なる配列表示が可能です。

早押し

カラフルな画面で音楽を学習するなら...

音符を並べて音楽を奏でよう

「音声」機能と「移動」機能を使って、音楽の学習に役立てます。並べかえが完成すれば音楽を演奏してみましょう。

音楽

啓発的な知的コンテンツなら...

図形を組み合わせる

「移動」機能を使って図形を組み合わせてみましょう。バラバラに用意された図形を完成形の上に重ねることで、図形を完成させます。

図形
スライドパズルに取り組んでみよう

「移動」機能を使って、知育コンテンツの王道であるパズルもジェスチャーで操作。パズルのマスを移動させ、絵を完成させてみましょう。開始時のパズルはランダムで配置され、難易度の選択も可能です。

パズル

02

他分野への応用

ナチュラルユーザーインターフェース(NUI)の可能性を医療に活かす

リハビリや骨格・姿勢チェック

骨格を読み取る技術を活かし、リハビリやストレッチなどの医療・介護分野にも応用可能です。

デバイスによっては、椅子に座った状態での操作も問題なく行うことができます。

リハビリ
困難な作業のシミュレーション

ジェスチャー操作は端末画面に触れる必要がないため、手術などの両手を使ったシミュレーションにも力を発揮します。
また、複数人でモニターを閲覧できるため、画面を見ながら、指導者が指導を行うことも可能です。

シミュレーション

動きのある広告やサイネージで付加価値をプラス

試着体験による購買促進

骨格を読み取ることで、デジタルな試着体験が可能となります。これは試着に時間や技術を要する"着物"や、"店舗に在庫のない商品"などに対しても活用できます。

ジェスチャーで操作できるため、操作用端末の併用や、毎回ディスプレイをタッチしに行く必要がありません。

試着体験
店頭メニューボードのインタラクティブ化

店頭でのメニューや商品一覧も、デジタル化。ジェスチャーで操作できるメニューや、ある時間になるとゲームを開始し、結果によってクーポン配布なども。目に留まるようなコンテンツを提供し、来店へ繋げます。

メニューボード
状況によって表示が変化する広告

見る人の性別や年齢、そのときの感情などを大まかに読み取り、広告内容を変化させることも可能です。人が通り過ぎたり手をかざしたりすると回転する、ディスプレイのようなコンテンツも。

変化する広告
来客にアピールするサイネージ

近年よく目にする、オフィス受付やビルのロビーに設置されたサイネージ。単に会社沿革や事業内容を映すだけでなく、双方向性のあるコンテンツを表示することで、より興味を持ってもらうきっかけを提供します。

会社サイネージ
このページに関するお問い合わせはこちら

(※弊社お問い合わせページにジャンプします。)

TOP